なんか違う

最近『えっ?!そうなの?』と思わされる事が多々ある。

例えばリベラルの人は天皇制に反対で保守の人は賛成と大まかに思い込んでいたら

ちょと違うらしい。

田原聡一郎さんのようなリベラル系の人が女性宮家を早く作らないと皇室が存続出来ないと危機を訴えているかと思えば、保守系自民党議員の間では女性宮家反対の会がある。

皇室反対なら今のまま何もせず自然消滅するのを待てばいいし、存続させたいなら

内親王殿下だけでなく女王殿下方にも宮家を作ってもらい、旧宮家も復活させる。

女性宮家においては配偶者が一般人の場合一代皇族、男系血統の旧宮家出身者の場合は

そのまま宮家存続の形を取れば皇族減少の歯止めをかけつつ男系の形も維持出来ると

思う。

まぁそんな簡単な事ではないのかもしれないが。

 

天皇続きの話で、今上天皇は神武天皇から数えて125代目の天皇と教えられたのだが

憲法学者は2代目と言っているそうだ。

戦後、象徴天皇になってから2代目。大日本帝国から日本国に変わったのだから

それまでの事はなかった事にする考え方である。

そんな考え方があってもおかしくないとは思うが、それなら大日本帝国がした事について今の日本国がなぜ謝罪や賠償をしなければいけないのだろう。

矛盾してないかな。

 

最後は相撲問題。

日馬富士の事を朝青龍と同レベルで非難するマスコミはどうかと思う。

格下とは言え本場所で対戦出来る同じような体力の力士を殴った横綱と、

酔っ払って一般人の女性の顔を殴った横綱。

どっちが酷いのか。

被害者女性は示談に応じたので朝青龍は不起訴。

日馬富士は示談に応じてもらえず前科者。

被害者の貴乃岩も土俵にもモンゴルにも戻りづらくなった。

結局マスコミは二人の力士を殺してしまったのだ。

 

 

 

『ごめんなさい』なんて言わせない

詰め込み教育、ゆとり教育など色々な教育方法があるが、最近海外ニュースで見た

謝らせない教育はとても興味深い。

 

その記事の筆者は我が子を保育園に預けるため、見学したとある園で見た子供たちの

光景に驚いた。

砂場で遊んでいた女の子の手をボール遊びをしていた男の子が誤って踏んでしまい、

案の定その女の子が泣き出した。

すると、男の子は『大丈夫?濡れタオルで冷やそうか?』と尋ね、女の子が首を横に

振ったのを確かめてまたボール遊びに戻って行ったのだ。

その保育園では子供たちに安易に謝らせない教育をおこなっている。

 

普通きちんとしたご家庭では子供たちに『ありがとう』と『ごめんなさい』は言えるように躾けていてそれが社会生活における常識と信じて疑わないことだろう。

では、なぜ謝らせない教育が生まれたのか。

それは、心の底から悪いと思っていなくても『ごめんなさい』って言えばその場から

解放されることを子供達は容易に学習してしまうからだ。

簡単に謝らせるよりも相手の気持ちを思いやり、状況を把握させて解決策を考えさせる。そんな能力が身についた後にはじめて心から『ごめんなさい』と言えるように

指導するという。

 

確かに、謝ったり辞めたりしてハイ、おしまいっていうのは大人の世界で多々あるけど

モヤモヤが残るばかり。

それどころか『ごめんって謝ってるんだから許してやれよ。』等と言われ、何一つ解決していないのに謝られ損みたいなこともある。

大切なものを汚されたり壊されたりしても『ごめん』の一言で許してやらなくちゃいけなかった経験’は誰にでもあるだろう。弁償なんかさせたら器が小さいと思われるし。

もう、踏んだり蹴ったりだ。

不祥事を起こした会社のえらい人達のカッパ頭を見せてもらっても土下座をしてもらっても被害者は嬉しくない。

『謝らせない教育』は大人にもした方が良いかもしれない。

 

ファーストキャットを偲んで

先日ニュージーランドで37歳の若き女性総理が誕生した。

女性総理はこの国で3人目だが現在世界最年少の女性リーダーである。

 

昨日、このアーダーン首相の愛猫パドルズが交通事故に遭い天に召された。

この猫は首相夫妻が三月に保護施設から引き取ったばかりの若い猫でツイッターの

アカウントも持つ人気猫だった。ファーストレディーならぬファーストキャットの

早すぎる死を悼んで首相夫妻がこの仔を貰った動物の保護施設には1日で十万ドルの

寄付金が集まったそうだ。たかが猫、されど流石はファーストキャットである。

9年ぶりの政権交代が実現したのも案外パドルズが招き猫だったせいなのかもしれない。

 

それにしても我が国の正真正銘のお姫様である愛子さまや、一国の総理になる人の家の猫が元保護猫なのに対して一般庶民はマンチカンだのアメショーだのと言って

血統書付きのお高い猫を競って飼っているのは面白い。

以前見たイギリスのドキュメンタリーに出ていた男爵夫人が

『着る物に10ポンド以上出さないわ。』

そう言ってイーベイで買い物していたのを思い出した。

(しかし彼女が着ると全て高級品に見えていた。)

番組のナレーターが

『男爵夫人は高級ブランドに全く興味を持っていない。それは彼女自身がすでに

ブランドであるからだ。』

そう締めくくっていた。

なんともカッコイイではないか!

せめて自分がブランドじゃない人は内面から溢れ出る品格を持ちたいものだ。

 

地球って本当はどんな形?

最近面白い話を耳にした。

それは『地球平面説』である。

昔の人は地球が平面だと思っていたが、ある時地球は丸い球体である説が有力になり、

それが証明されて現在にいたると誰しもが学校で習い、信じているのだが。。。

なんと、今でも『地球平面説』を唱えている人々が存在するのだという。

何処の国だか知らないが、海外でその平面説を唱える団体も有るらしい。

なんで今頃?そう私は思って話を聞いた。

 

その人が地球ってもしかして平面じゃないのかしらと思ったきっかけは

雲の隙間から太陽の光が放射線状に海に射しているのを見た時だったそうだ。

私のような凡人は奇麗だなとしか思わないけど、その人は違った。

太陽は地球から遥か遠くにあるのになぜ光が垂直に見えずにまるでもっと近くに

あるかのように放射状に見えるのか。

不思議に思ったその人が調べてみると、『地球平面説』を唱える人達にたどり着いた

らしい。

彼らによると、太陽は地上から数千キロ上空を旋回する直径51キロの惑星。

太陽を同じ地点で撮影し続けた実験結果、もし地球が丸いなら太陽が弧を描くはず

なのに実際は直線移動で太陽が近づくように大きくなった。

その他、高さ1.5メートルの物は約4キロメートル先で消えるはずがもっとずっと先まで見え続けたとか色々な実験事例があるようだ。

 

でも宇宙ステーションからの映像の地球は丸くて日本列島はキラキラ輝いてたし

北極のオーロラもとっても綺麗だった。全然平面なんかじゃない。

すると『平面説』の彼らはNASAなんかの画像はCGと言ってのけた。

えっ?そうなの?

飛行機等の速い乗り物から景色を撮った場合、近くは早く、遠くはゆっくりと

景色が流れて行くのが普通だが宇宙ステーションからの映像はどちらも同速度なのが

おかしいらしい。NASAの出している地球自転映像も雲がずっと動かないそうだ。

 

もし、地球が平面だとしたらどんな形なのか。

形は一応円形で、中心が北極。それぞれの大陸や島々が囲み、南極は円の縁を

ぐるりとかこむ。ちらっと見ると分厚い内臓脂肪のあるCTスキャン画像みたいだった。

その平面地図が正しい証拠に海外旅行をする際、飛行機が北極上空を通過する便は

いくらでもあるが南極上空を通るのは決してない。

オーストラリアから南米に行く時も地球が名前のとうり球体なら南極経由で飛ぶほうが

ずっと速いはずだが、まず北米に行ってから南下しなければならないのだ。

。。。確かに飛行航路はそうだわね。

 

なんだか『地球平面説」ありかもって思えてきた。

 

 

 

テレビを観ていて思う事

90歳の母と二人でよくテレビを観る。

 

健康バラエティー番組を観て納豆を食べたり、生姜の酢漬けを作ったり

何に効くのか忘れたがとりあえずシナモンをふりかける小市民だ。

もちろん健康ご長寿体操なんかもテレビの先生にならってやってみる。

あのきんさんぎんさんのぎんさんの娘さん達が出るテレビは必ず観るし

健康ご長寿村の人々は何をして何を食べているのかと興味津々で観てしまう。

 

しかし、冷静になって考えてみれば誰に何が良いと言われても好きじゃない物は

食べないし、運動も大変そうなのは絶対していない。

こんな事で健康長寿になれるのかと思いつつ、なんちゃって健康生活に取り組む

同士を見る。

 

母は90歳だ。自転車にも乗らないし、ヒップホップも踊らないけれど普通に

買い物に行ったり夕飯も作る。

人並みに時々膝や腰が痛くなっても『年を取ると色々と新しい芸を覚えちゃって。』と

笑っている。

別になんの努力をしなくても母は健康長寿だった。

 

母が若い頃、年寄りの作った物を貰うと自分も長生き出来るというので

80ぐらいのご婦人から針刺しか何かを頂いたそうだ。

そのご利益があったのか、生まれもってのDNAか、其の両方かで健康長寿になった。

自然体が一番というところだろう。

 

 

前世は続くよ何処までも

昨年国内を始めとしてアジア圏で大ヒットした映画『君の名は。』

やはり輪廻転生の存在を知る仏教圏ではすんなりと受け入れられた事が下地にある気がする。

日本人なら自分の血液型を知っているように前世の事も知っているよねと、言うまで

にはならないにしても馴染み深い言葉であり、考え方だが輪廻転生の教えがない

キリスト教徒にとっては信じがたい事らしい。

キリスト教圏でそういうものを信じている人達はニューエイジとかスピリチュアル系と

呼ばれる。菜食主義でヨーガや瞑想をしてとても優しく話す人が多いと個人的に思う。

(それはどうでもいいわね。)

 

スピリチュアル系好きの私は随分前から色々な宗教家、超能力者の本を読んで来たが、アメリカ人催眠療法師のドロレス キャノンの存在はつい最近知った。

彼女には二十冊近くの著書があるものの日本語訳されたものは三冊かそこらしかないし、生前世界中で講演を繰り返していたものの日本には最後の世界ツアーで初めて

やって来ただけだ。とても残念に思うが、もう分かっている人達にわざわざ

言いに行く必要がないから神様が機会を作らなかったのかもしれない。

ドロレス キャノンの催眠療法は後退催眠療法と言うのか患者を催眠術でどんどん

昔の記憶へと誘っていくものだ。

そういう催眠療法は誰でも聞いた事があるだろうが、彼女の患者は前々前世どころか地球誕生の時代まで戻る人もいる。惑星誕生時に地球を覆うガスだの水蒸気、空気等

まさに珍妙奇天烈。

人の前世は人だけでしょって思っていたら大間違い。

全ての全てを経験して今があるらしい。

まさかそこまでの全てだったとは。。。実に興味深いのだ。

 

オカルト女子と鬼平犯科帳

オカルト好きな女の子達のネット番組がある。

月一回の更新だが、いつも楽しみだ。

去年の暮れ、彼女達が楽しみにしている都市伝説の番組の話で盛り上がって

いた時にメンバーの一人が放送日のことでジレンマを抱えていた。

なんでも、裏番組に他局が鬼平シリーズの最終回をぶつけてきて

どちらをリアルタイムで見るのか非常に悩ましいとか。

そしてこの二つのテレビ局は、なぜこんなひどいスケジュールをたてるのかと

ちょっと面白いほどその不条理を訴えていたので、私は心の中で

『この二つの番組のファン層は重ならないでしょう。』とつぶやいた。

他のメンバー達もそう思っていたような気がしたが、実は私の考えは完全に

間違っていた事が最近わかったのだ。

 

画家で俳優の庄司哲郎さんが夢枕に立った鬼平のモデルの長谷川さんに連れられて

江戸の町でシャモ鍋を食べながら絵の依頼を受けるという不思議な話があって、

オカルト雑誌のムーにも載っていた。

この話の一番不思議なところは、夢の中で受け取った依頼金が目覚めても部屋に

存在していたこと。

実に『はてな』である。

 

こうなるとオカルト女子は都市伝説も鬼平も両方チェックが正解だったのね。